FC2ブログ
2015
05.15

畑におはよう!

母が亡くなり四十九日の法要も済ませました。
私が作った野菜での食事を「美味しい」と言って喜んでくれたり、縁側の庭を眺めて「あれ、何という花や?」と聞いたりという日常は無くなりました。
やっと畑にも向き合うようになりましたが、以前のような張り合いはありません。

いいものを収穫した時も、まず母のところに「見て見て…」と子どものようにはしゃしで持って行って見せていました。
母はそんなとき、衰えていても私の母でした。
「これあんた作ったん。えらいもんやな〜、こんな立派なものつくれて…」といつも褒めてくれていました。

子育てをしていた時に、「子どもは叱るより、褒める方がやる気が起こる」ということをいつもに心がけていたつもりですが、ついつい人は褒めることを忘れています。
その点では、母と一緒に暮らした6年で母は私に教育をしてくれていたのだと思います。
入院した最後の苦しみの中でも、私や周りの人を労り、「ありがとう」と感謝の言葉ばかりを言っていました。
行くといつも、「毎日来ていたら疲れるから、はよ帰って休みや」といってくれていました。

大人になって母と離れて暮らしていた期間が40年で、最後のたった6年の同居ででした。
平凡な母だと思っていましたが、家族のことや家の心配ばかりしていた偉大な母であることに気がつきました。
身をもって教えてくれたことを胸に、私は淋しくなったこの家で平凡ながらも同じ生活を続けていくのだと思います。

今度は、私が作った野菜を孫たちが「美味しいね」といってくれるように、「安全な野菜」を届けたいものです。
結局は、「誰のためでもなく自分のため」なんですよね。
そして、最後には「ありがとう」の言葉でお別れをしなくてはなりません。

朝の畑に私の部屋から「おはよう」です。
これからも、よろしく!

P1090109.jpg





Comment:0
2015
03.05

孫に食べさせたくて

今日は、孫守に行ってきました。
野菜を畑からたくさん収穫してお土産です。
ついでにその野菜で、夕食まで作ってきました。
「おばあちゃんの野菜」を残さず食べてくれるだけで、嬉しく幸せな気持ちになります。
美味しいと言ってモリモリ食べてくれる孫や家族がいて、私の作るエネルギー源にもなるのだと思います。

自然栽培の土は野菜をより美味しくしてくれているように、このごろやっと思えるようになりました。
何でも砂糖は入れないのにとても甘いのです。
自然な野菜のように、スクスクと健康に育ってほしいと思います。
そして、土もより健康な土になってほしいです。

P1080409.jpg

P1080401.jpg

P1080407.jpg

P1080402.jpg

Comment:0
2015
02.16

「のらのら」という子ども農業雑誌

「おばあちゃんの安全・美味しいお野菜やから、いっぱい食べや」と、離乳食のころから言って食べさせてきた孫がもう三歳になりました。
夫には「押し付けがましい」と言われながらも、やっぱり食は大切。
小さな体に添加物がどのように影響するのかわからないが、ちゃんとしたものを食べさせたいと娘もいろいろ気を使っているようです。

私は,畑には不思議がいっぱいで、虫や野菜,草花にも興味を持ってほしいと家に来ると畑に連れ出していました。

P1060125.jpg

P1060263.jpg

Facebookで子ども向きの農業雑誌があるのを知って、孫が来た時に読んであげようと定期購読することにしました。
「のらのら」という季刊誌です。2015年春号が届きました。
子ども向きと言えど,内容は本格的で,私も大いに参考になりました。

夏野菜の苗の育成のために2月の初めから始めています。
和室の縁側は苗の温室状態で、プランターや衣装ケースの苗でいっぱいです。
昨日も近所の農婆さんが遊びにきて「あんたとこの野菜は偉いもんやなぁ〜座敷にいはるんか?」と言われてしまいました。

するとこの雑誌を見でいたら、「つよい種は、のんびりまこう」という記事が載っていました。
これは、すごく解りやすく説明されていて新米の私は改めて納得できました。小学生と同じぐらいのレベルのようです。
また,「ペットボトルのミニハウス」や、「畑に直接!手間無し育苗」とペットボトル利用の直播きもとても参考になりました。
あとの,カボチャやスイカ、マクワ,ウリなどにこの方法を試そうと思います。

P1080196.jpg

P1080197.jpg

もう一つ参考になったのは,ミニトマトのソバージュ栽培です。
このソバージュ栽培と言う言葉は知らなかったのですが,昨年は娘の出産で忙しくてトマトはわき芽も草も放ったらかしになってしまい,結果としてはこのソバージュ栽培(野生放任栽培)になっていたことを知りました。
それでも,遅くまでたくさん収穫出来ました。
今年は,意識的にソバージュ栽培をすることにします。

P1080198.jpg

P1060775.jpg

ともかく子ども向きということで、この雑誌を舐めていました。
いまでは孫は二の次で、私の参考書として役に立ちそうです。
何より,簡単に説明してくれているのがいいです。
そして,子どもの笑顔の写真がまたいいですよ。
癒されます。





Comment:0
2015
02.07

立春も過ぎたのに

立春が過ぎたのに、今朝は窓から覗くと畑に真っ白な霜が降りていいました。

野菜はどうかなと見に行くと、何だか活き活きしているようでいつになく美しい。
ここは雪で埋もれることがないので、冬場も野菜は収穫出来るのだが、冬の間は成長が止まっていて元気がないようです。
しかし霜が降りて寒い朝でも、もう春の兆しはちゃんと野菜は体感しているのだなと思いました。
これからあっという間に薹が立ち花が咲く、その短い間に野菜を食べてあげないと可哀想でですね。
さあ,私も活動開始だ。

P1080098.jpg

P1080097.jpg

P1080100.jpg

P1080099.jpg

P1080096.jpg




Comment:0
2015
01.22

八朔でジャム作り

近所で暮れに戴いた八朔が残っていました。このまま食べても美味しいのですが,残りはジャムにしました。
暮れから柚子、レモン、八朔と戴きもので豊作でした。

柚子は,ジャム、柚子茶、風呂とたっぷり楽しみました。あっという間に無くなりました。
レモンは、あおいうちに戴いたのは灰汁が強くて失敗。再度完熟を戴いたので、やっぱりジャム、塩レモンにしました。
八朔の昨年のジャムは灰汁が抜けきれていなくて、美味しかったのですが苦みが残っていました。それで今回は、皮をかなり薄く剝いたのと水に長い間浸けたのと湯がく回数を3回にして作ったところ苦みはほとんど感じなくなりました。
このジャムはティースプーン2杯程を熱湯で溶かして飲むと爽やかで美味しいのです。

レモンと八朔のジャムに,間違わないようにラベルを付けると、ちょっとオシャレでいい感じになりました。
手作りは,手間暇がかかり、そのわりには報われないことがけっこうあります。

世の中には,美味しい物がいっぱいです。
たまにデパートに行ったりすると、どこが不景気なんだろうと思うくらい人がいっぱいで、どこでも行列が出来ています。
私は、もともと人ごみはあまり好きではなかったのですが、今では用事があってもあまり行きたいとは思いません。
自給自足、晴耕雨読と言ったら何だか格好を付けているようですが、それに近い生活になって来ています。
もともと,田舎者だったんですね。

今は山にもほとんど行けない状況ですが、長い間山に惹かれていたのも田舎育ちの私のルーツが山に招いていたのでしょう。
他にもいろいろありましたが、出来なくなったことをあげていっても仕方がありません。
でも出来ないからと言って,悲観などはしません。
今出来ることをするだけです。
何かが出来なくなると,新しいことがまた現れます。

どこにも行けなくなって家にいると言うことは、家の周りでいろんなことを見つける楽しさが出てきます。
身近なことに感動する心も養え,心の健康に繋がると思います。
小さな畑や庭は、山に変わって私の心の浄化を担ってくれて、今ではかけがえのないものとなっています。
ターシャ・テューダーさんのように、大自然の中で「緑と花に囲まれて心満たされた日々をゆったりと過ごす老後」って憧れますね。60歳過ぎてからの庭づくりだそうですが私と一緒です。
何かをする時に、もう遅いと言うことはないのですね。

もうすぐ気持ちも弾む芽吹きの季節。小さな庭も畑も年々豊かになってゆきます。
この繰り返しが、生きると言うことなのでしょう。

P1080024.jpg

P1080031.jpg


Comment:0
2015
01.21

今日の出来事で


今日の朝、ディに行く用意をしていた92歳の母、いつも通り丹念にお化粧していた。
お迎えが来ているのに,まだ化粧中。
覗いてみたら、
「眉毛がなんでか真っ赤やねん。こすっても落ちへんねん!」とドレッサーの前で眉毛をティッシュでこすっている。
見たら、両方の眉の周りが真っ赤だ。
どうも口紅を眉墨と間違えて眉毛に付けたようだ。
母は深刻な顔。
私は大笑い。

その母の娘である私は化粧は好きではない。
化粧水すら今では全く買わないで、自家製を作っている。
母は、しょっちゅう「口紅買って来て、化粧水買って来て…」と今でもいう。
店の店員さんは、化粧っ気のない私が使うと思ってかいろいろな化粧品を勧める。
「90過ぎた母が使うので,頼まれた物だけでいいです」というと店員さんはみんなびっくりする。

そう言えば私が小学生の頃、そばかすだらけで汚いからと某有名化粧品メーカーのレモンの絵のラベルの付いたクリームを買って来て、塗るように言われたのを思い出した。今で言えば美白クリームだと思う。
女性の価値が綺麗であることと思っていた母に,反抗し出したのはこの頃だったと思う。
それからずっと、考え方が相容れないままでいた。

母と同居した6年前ごろには母との違いを再確認しては、「そばかすだらけで汚い子」と子どものころ言われた言葉を何となく思い出していた。
あの時に、「そばかすがあって可愛いい子」と言われたら私はどう育っていただろう。

今の私にはなっていないような気がする。
この母に育てられて、私になった。
そう思うと、着飾っていそいそとディに行く母も可愛い人に見えて来る。
今日は、そんな母に真底大笑いが出来た記念すべき日になったかもしれない。



Comment:0
back-to-top