fc2ブログ
2015
01.11

さつま芋でおやつ

Category: 10 食
実は私のいけないところは、興味を持つと気になって試してみたくなるところだと思います。
本や健康器具はまだ少ないのですが、特に台所用品は「これ便利かな?」で購入して溜まる一方です。
購入した調理器具が二つ目だったりして、娘に持つて帰ってもらったりということもあります。
小さいのなら良いのですが、大きいのだと後悔しきりです。
ネットの宣伝広告が悪いのだ、ネットで簡単に買えるのが悪いのだと毒づいていますが、私が悪いのです。

暮れに購入して反省していた、結構かさばる買い物があります。
それは、油を使わないで揚げ物が出来ると言う物です。
○天でかなり安くなっていたので、つい買ってしまいました。

反省点は、やっぱり油無しだと揚げ物は不味い。それに思ったより大きいので邪魔にもなる。
しかし,唐揚げやフレンチポテトはおいしかったなぁ…
何でも一長一短はある物なのだが…

今日は母と二人なので母の好物のさつま芋の調理を考えていて、しまい込んでいた器具を思いだし引っ張り出しました。
これは大成功でした。とても美味しかったので紹介します。

さつま芋は,コガネムシの幼虫に食された残り物です。

P1070918.jpg

水にしばらく晒します。

P1070919.jpg

水切りしてキッチンペーパーで水分を取りオリーブオイルで絡めます。
そして、その器具を5分間200度で温めて芋を入れます。

P1070921.jpg

そのあと、25分加熱して出来上がりです。

P1070928.jpg

簡単なので、工夫次第で使えるかも…でした。







スポンサーサイト



Comment:0
2015
01.11

さつま芋の保存と苗作り1

Category: さつま芋
昨年のさつま芋の銘柄は安納芋と金時芋でしたが、両方コガネムシの幼虫に食べられてしまい穴だらけでした。
おまけに、安納芋は特に不作でした。多分,貸してもらっている畑が栄養満点過ぎるのではと思っています。
自分の畑だとさつま芋だけは、収穫は良かったのですが…

P1070422.jpg

さつま芋の苗ってけっこう高価なので自分で育てられないかと前から思っていて、初めてチャレンジすることにしました。
昔子どもの頃、芋穴と言うのが床下に掘られていてその穴で芋が保存されていた記憶があります。
納屋にも穴が掘られていて、かくれんぼをしてその穴に隠れて誰も見つけてくれなかった記憶があります。

まずは保存ですが家庭菜園をしているのでそんな大々的な保存は出来ません。
昨年までは新聞紙に包んでダンボールに入れて暖かくして保存していましたが、お正月のお節のきんとんが最後でダメになっていました。
今年は発泡スチロールに入れて家の押し入れに入れておきました。
今日は、母がいるので好物の芋でも焼いてあげようかなと思い、発砲スチロールを開けてみたら芽が出ていました。
その芽はダンボール保存よりもかなり大きくなっていました。
まだ早いので、とりあえずはこれはしばらくこのままで保存しておくことにしました。

P1070915.jpg

P1070914.jpg

Comment:0
back-to-top